本当に、本当に『ありがとう』『ごめんね』、そして『ありがとう』。


ほんの一瞬とはいえ、ふざけた考えを持った自分を戒めるために、敢えて前の記事を公開しておきます。




理性が壊れてしまうことも許さない我が頭ですが、こんなに早く復活できたのもこの頭のおかげかと思うと、やっぱり感謝します。



以下からはmixiで公開したものと同じです。





昨晩から取り乱して、妙な日記でたくさんの人の嫌な想い出をえぐり出してしまったり、みっともないところを見せてしまったりしてホントに申し訳ないです。

同じ思いをしたのは自分だけじゃなかったと言うのに、勝手なことばかり喚き散らしてしまいお恥ずかしい限りです。





あれから1日が過ぎて、気持ちは落ち着いてもう大丈夫だ・・・と思っていたのですが、寝る前の静寂や明け方の夢、日常のふとした瞬間に紛れて“記憶の影”が忍び寄ってくるのがツラいです。

この影・・・自分の記憶とは、当分の間戦い続けることになりそうですが、それ以外はもう平気です。


当面はまだ情緒不安定で突然涙が出たりもするでしょうが、支えてくれる人のことを思い浮かべて乗り越えます。






こんな短時間で復活できたのは、皆様から戴いた“言葉”や“気持ち”のおかげです。本当にたくさんの方たちに励ましてもらって、『ありがとう』のひと言では済ませないぐらいの感謝の気持ちでいっぱいです。



でも、『ありがとうございます』。







相手のこと、忘れようと思えば簡単に忘れられるぐらいに短い期間でしたが、思い入れはかつて経験した『7年間の片想い』よりも濃かったのでそう簡単には吹っ切れそうもないですが、頑張ってみます。

人の顔や仕草からも思い出してしまうのは怖いですが、こればっかりは“時間が解決してくれること” なんでしょうから、受け止めていこうと思います。願わくば、少しでも早く『今の記憶』が『過去の思い出』になってくれますように。











思えば・・・俺自身よりも、相手の方のほうがずっと苦しんでいたんだと思います。
俺のワガママに付き合ってくれて、そのせいでなかなか真実を言い出せなくなって、それで知らず知らずのうちに傷つけていて・・・。

本当は会いに行って直接謝りたいけれど、そうすればきっと余計に苦しめてしまうことになるので、このことは心に潜めておきます。






長くなりましたが、最後に励ましてくれた方・見守ってくれた方、どちらにもお礼を述べさせていただきます。


本当にありがとうございました』!!
[PR]
by tito0522 | 2006-01-29 00:09 | ドリンク:ホンネ
<< 復活と新生と方向設定。 2006年1月27日金曜日、全... >>