不思議なものでして。


をすると、とても大変なコトが1つある。


好きになった人の顔や声だけ、すぐに思い出せなくなってしまうのだ。





つい10分前まで逢っていたにも関わらず、すでに顔が思い出せなくなったりする・・・なんてことは、俺にとってはよくあることなワケで。




どれだけ見つめ合っても、どれだけ会話をしても、思い出せなくなる。




ホント、困ります。








だから、毎日ずっとどんな顔でどんな声だったかを必死で思い出そうとする。

というか、そればかりに集中してしまう。

日常が疎かになっていくのです。









だけど、夢の中で出逢った時には、ハッキリとその姿も声も分かる。


だから、記憶の底にはちゃんと刻まれている、ということになるんだけれど・・・。






でも、起きている間は思い出せないんだよなぁ。








薄情なワケじゃない。むしろ、誰よりも強く想ってしまうぐらいだ。


どんなに強く記憶しようとしても、ダメなのです。





何だろ?一緒にいると、舞い上がってしまうからかな?

だから、“記憶の機能”が上手く働かないのかな?








画像を見れば分かる・・・と言いたいところだけど、画像があると、その姿だけが真実のように感じられてしまうから危険なのです。






・・・どうしてこんななんだろ?




・・・あ、恋心を抱かなかった方(というか、普通に出逢った方々)は、1度で顔も声も覚えてしまえるんです。思い出すことも出来るんです。
ホントに好きになった人限定』の症状なんです。

[PR]
by tito0522 | 2006-02-27 22:33 | お手洗:オカシなヒト
<< 逃げ?あるいは直球? だから、甘くて苦いのさ。 >>