誰よりも早く、誰よりも嬉しい言葉で。


5/22、am 0:00


つい5分ほど前に帰宅したばかりで、スーツを脱いでいるときに鳴った、特別なメールの受信を示す携帯の着信音が鳴り響く。



何事かと思い、携帯の画面を開く。

そこに現れた、23歳オメデト~の文。





・・・・・そうでした、誕生日が来たんでした。


本人すら軽く忘れていた記念日を、あの人は覚えていてくれた。

オマケに、日付が変わると同時にお祝いのメールまでくれた。









嬉しくて、もうホント、嬉しくてしょうがなかった。






お礼は必ずどこかで果たします。

忘れた頃に、驚かせてみせます。





・・・待ってろよ?

で・も・ね?
[PR]
# by tito0522 | 2006-05-22 21:33 | 支店長謹製:色恋沙汰

ドラマが生まれる一場面。


閉店1時間前の、人影もまばらな店内にやってきた1組のカップル。
いつもの日常の、よくある風景。よく見るパターン





他のお客さんとは少し離れた場所に案内する。

メニューとお水・お手拭きをテーブルに置き、その場を一旦退散。









しばらくの後、突然店を出て行ったカップル。

外を覗いてみると、何やら口論している模様。

恋人たちの“喧嘩”らしい。










そのまま店内には戻らず、帰宅なさったお2人。




残ったお客さんも全て帰り、閉店準備もほとんど終わりの頃。

カップルの居たテーブルに残された手付かずのお水と袋に入ったままのお手拭き、そしてテーブルの中央に置かれた、開いたままのメニュー・・・・・それを眺めながら、これから恋人たちに起こるであろう物語を思うと、少し涙が湧いてきた。

この店、このテーブルが、2人の哀しい“想い出”として刻まれるんだね・・・。















ねぇ、出てったカップルさん。好きな人と一緒に居られるのって、幸せなことなんだよ?

・・・離れてみれば、よく分かるんだから。
[PR]
# by tito0522 | 2006-05-15 03:35 | ランチ:お仕事

あはッ☆カウントダウン、スタ~トっ♪


・・・はい、もうすぐ2度目のゾロ目の歳が終わってしまい、兄さん(23)の歳になりますよ、と。



2週間後、誕生日。普通にお仕事。
それはいい。
そこは大して気にしない。




何かいいこと、起こるかな・・・?

というか、期待しているコトは起こってくれるかな・・・?




・・・ムリだろうなぁ。
もう諦めな?ってヤツだなぁ。






えっと、まぁ、ここでこんなこと書いててもしょうがないので、今夜はこれまで。

いやしかし、久しぶりの更新がこんなんって・・・なぁ?

あのね・・・?
[PR]
# by tito0522 | 2006-05-11 22:27 | お手洗:オカシなヒト

もうね、分かんねぇや。


オレは誰に恋しているのか、誰を好きだったのか、自分が何したいのか、もうグチャグチャすぎて分かんない。

何となく、この下に走り書きでまとめとこうかな。






とりあえず、電話したいな。
声、聞かせてくれよ。
手紙渡せなかったぶん、話したいことばっかりだもん。

2人きりで隣に居るとき、幸せそうな顔すンなよ。勘違いしてツラくなるじゃんよ?
寝る前に頬にキスされると、真っ白になる。

他の男の隣に座る、甘えた声とスッピンの浴衣姿。
オマエのその声とスッピンの顔は、オレしか知らなかった特権だったのにさ。









以上、走り書き終わり。



あのさ、簡単に忘れられないから、ここで苦しんでるんだって。
そろそろ答えをくれ。迷いを捨てさせてくれ。
でないと、仕事も満足に出来ないよ・・・。






・・・・・ガンバレ。苦しくて逃げたくなったら、俺の下に来い。

たとえ恋人同士でなくてもいいから。
オマエ1人ぐらい守ってやる。




Dear フワフワした貴女へ。春風に乗せて贈る宛ての無いラブレター。
[PR]
# by tito0522 | 2006-04-17 00:34 | 支店長謹製:色恋沙汰

ちょっとだけ、どうにかしたい。


土日に自由に休みが取りたい。

・・・もちろん、飲食店なんだから土日は1番忙しいんだけど。



分かっている。

それは分かっているけれど、これから3年近くはライブや飲み会に行けなくなるかと思うと、ちょっとだけ気が滅入る。


生活の活力源”を奪われるとあっちゃ、内心穏やかでもいられなくなるってもんだ。







そういえば。

この時期一人暮らしを始める大抵の人は、周りに友達が居なくて寂しいと嘆くようですが、俺は何故か何とも思わないのです。

インターネット』ってのは、ありがたいモノなんですね。
どれだけ離れていても、友達と会話できるんですから。


でも、そろそろ1人でごはん食べに行くのも寂しくなってきた・・・かな?

まぁ、いいか。職場が楽しいし。

はぁ・・・。
[PR]
# by tito0522 | 2006-04-07 23:04 | ドリンク:ホンネ

心構え、準備中。


仕事を始める。入社式前なので一応バイトとして。

それでも恐れはある。
心構えは社員同様であるのだから。




覚えられるか。
実践できるか。
落ち着いてやれるか。




そればかりを考えて、不安になる。

始めてみるまで、何も分からない。

余計な心配なんて、するもんじゃない。







寝る。
起きたときにヤル気を溢れさせるために。

誰だって・・・。
[PR]
# by tito0522 | 2006-03-27 21:30 | ランチ:お仕事


友情の糸を紡いだ。
記憶の糸を手繰り寄せて、欠けていたものを思い出す。


想いの糸が消えた。
かつては綱のように太く、決して切れることの無い鋼の糸だったのに。


緊張の糸が切れた。
張り詰めた空間から開放され、今一度の自由の身に戻る。





そして僕は眠る。
現実からの糸を切って。

コレは何か、って?
[PR]
# by tito0522 | 2006-03-25 23:06 | ドリンク:ホンネ

言っちゃいけない。だから書く。


『不満』。



あっちゃいけないことだけれど、どうしても湧いてくる。

生きていると、どうしても「もっともっと」ってなる。

より良いモノを求めてしまう。



それが、“贅沢”を求めるが故の『不満』。







では、今は何がそんなに不満なのか?というと・・・。



引っ越しして、新たな土地で新たな暮らしを始めたのが先週。
土地も人も、すぐに好きになった。風景は素晴らしい。



でも、アパートの中は・・・。

収納場所が少ないから、未だに片付けられない荷物がある。

特にキッチン周り。
食器や調理器具を収納する場所が、皆無に等しい。
そのままというワケにもいかないので、結構な費用をかけてようやく落ち着いた。
それでも、まだ食器がハミ出てる。足をガンガンぶつけている。

洗うスペースが狭すぎて、まな板すら満足に洗えない。
洗った食器を乾かす場所もない。
だから、あちこちビショビショ。





確かに、キッチンは単身赴任用の賃貸アパートにおいて、普通は考慮されない部分ではある。


だけどね?『』ってヤツを軽視しちゃダメなんですよ。
人間を支える大切な生活の一部が『食事』なんです。

その食事が満足に楽しめない。
今の環境じゃ作れない料理が出てきてしまった。
コレは痛い。

具体的に言うと、ガスコンロじゃなくなったから網で焼く焼き魚が出来ない。
恐ろしく火力が弱いから、美味しい炒め物が出来ない。



外食ばっかりするワケにもいかないので、自分で作りたいのです。
それに、自分でしか作れない料理もあるワケで。

正直、ウチの周りに飲食店はあまり多くないうえに、店じまいが早すぎるのです。(あと、美味しい店がまだ無いし。)





気持ちよく仕事をするためには、身の回りの生活環境がなるべく良いほうがいいんです。

ぐっすり眠れること、美味しい料理を食べられること、そして俺の場合は音楽(趣味)を楽しめること。


どれかが欠けるだけで、とても不安になってくる。

大変な仕事だということは理解しているつもりだし、心構えもしている。

でも、続けていくうちにどうしても『疲れ』は溜まってくる。
それを癒す場所・・・ホームに不満があっちゃ、心配になるってもんです。










長々と述べてきたけれど結局のところ言いたいのは、「俺に満足に料理をさせろ!」、と。
・・・そんだけです。
[PR]
# by tito0522 | 2006-03-20 00:04 | ドリンク:ホンネ

こんな日には。


雪が降るほど寒くて、月や星がキレイな夜・・・。

こんな夜は、あなたと過ごした公園と、あなたの温度を思い出してニヤッとしちゃいます。


何だか、笑えてきた。
普通は切なくなるのにね。







あぁ、風、強いなぁ・・・。
あの時は、風邪ひいてたなぁ・・・。







本来の春の訪れは、もうすぐですよ、と。

後は、雑談です。
[PR]
# by tito0522 | 2006-03-13 22:50 | 支店長謹製:色恋沙汰

逃げ?あるいは直球?


歌に心を映すことがよくある。

それは、嬉しいとき哀しいとき愛おしい気持ちのとき、空っぽの気分のとき・・・。




それぞれの場面で、それぞれに似合いの歌を聴きたく(唄いたく)なる。




特にこの傾向が強いのは、恋愛状態のとき。





伝えたい言葉を言う代わりに、歌を届ける。

煮え切らない気持ちを鎮めるために、歌を唄う。

勇気”がほしいから、歌を聴く。








これこそ、『音楽』が無くてはならないものである“理由”だ。

umm...。
[PR]
# by tito0522 | 2006-03-02 01:30 | メインディッシュ:音楽